サクブンチョウ

生活と音楽と物語と

ハロウィン前の私のこと

2016年10月29日

 

気がついたら10月が終わろうとしていて、

SNSではハロウィンの映像が流れてくる。

 

今日はとても寒くて、10月はとうに終わっていて、冬になっているんじゃないかって思えた。

マフラーを巻いているのは私だけだったから、冬は来てないんだろうけど。

 

そんなことを考えて家を出たら

電車を乗り間違えて美容院に間に合わなくなってしまった。

明日になってしまって、なんだか申し訳なくなって、反対の電車に乗ることにした。

反対の電車に乗っていると、景色だけは逆再生するから、美容院にも間に合う気がした。

 

そんなことはないんだけど。

 

 

頭の中には昨晩の酒と言葉が残っていて、

どうしても私は人の自意識と不誠実が苦手で、

すっかり綿の抜けたしわしわの布団にくるまって寝た。

冷蔵庫に入れっぱなしのピーマンみたいになってた。

 

ここ最近はなんだか自分の能力が不安になる。

私は本当は何にもできない呼吸器で、

なにも生み出せない機能不全の壊れた機械ないなのかもしれない。

 

一方で、何かを生み出した気になって

ニヤニヤしている人たちにはなんだか腹がたつ。

「お前らは何にもしていないだろう、恥を知れ」と。

 

そんなことが続いて元気がないから、せめて文章を書いてる。文章を書いて、「私は何かを生んでいるんだ」って、ニヤニヤするために。

 

 

 

蛸。

蛸みたい。

蛸は過度のストレスがかかると自分で自分の足を食べるそう。ストレス耐性がない。

 

私も私の欠片を食べて食いつないでいる。

 

 

 

Twitterのタイムラインに

ハロウィンの写真が流れてきた。

昨日の渋谷は人がいなかったらしいが、今日はそこそこ賑わっているらしい。

カルチャアの匂いはしないけど、人間の匂いがするから私は好き。元気があったら見に行きたかった。

 

我々は常日頃から仮装をしているから、毎日がハロウィンだろうけど。

本当の欲望じゃない表情・言葉を選んで皆が生きている。

 

寂しい、抱かれたい、行きたくない、やりたくない、見栄をはりたい、チヤホヤされたい、他人に羨望されたい、出世がしたい、むかつくババアを殴りたい、格好つけていたい、愛されたい、金が欲しい

 

うるさい

 

 

 

私はモテたいし、格好つけていたいよ。

 

 

悲しくなってきたからスターバックスに入った。あったかいカフェラテを飲んだら元気が出てきた。

 

寒いのはよくないね。

犬だと言われた。

 

荻窪スターバックスの店員さんが可愛かった。

 

コードを書こう。

なんかいいもの作れる気がする。